新宿の予約が取れない超人気ヘルス嬢。余裕のプレイに昇天!

眠らない街、新宿で回す日本経済

眠らない街、新宿とはよく言ったもので、真夜中でも通りは明るく、真夜中になると、ホストクラブに出入りするキャバ嬢、風俗嬢を目にします。自分の金が、そっちに回るのかと思うと悲しくなりますが、それでも回してしまうんですね、日本経済を! というわけで行ってまいりました! 新宿ヘルス店!

人気ランカー嬢に抱き付かれただけで興奮しきり

前日の予約争奪戦に勝って、今宵は、ランカーのマリアちゃんと遊ぶのです。「マリアちゃん、ご準備できました! 番号札5番のお客様どうぞ!」と店員がコールすると、私は、スッと立ち上がって、ひたすら順番を待つ同士を尻目に、余裕顔でプレイルームに移動します。

プレイルームに入ると、下着と薄手のベビードールを着たマリアちゃんに抱き付かれて、「ご指名いただき、ありがとうございます! マリアです。紳士様、今日は、よろしくお願いしまぁす」と甘く囁かれます。抱擁が終わると、目をウルウるさせてジッとこちらを見ています。見た目は文句なしにカワイイし、先ほどの抱き心地も柔らかく素晴らしい。そして、極めつけは、この目でしょう。男心をグッと惹きつけます。もうプレイ前にして興奮しきりです。

若いのにその余裕にのぼせてしまい、高まる射精感

そんな私を、「さあ、シャワーでさっぱりしましょう」と誘導するあたり、手慣れています。というか、私のぼせすぎですね! 服を脱ぐと、プロフィールどおりのDカップバスト、引き締まったボディが美しい。ランカーにでも何にでもなりますよね。

シャワーでは、ボディ洗いや先走って勃起しているペニスをシコシコしてもらって、いよいよベッドへ。ディープキス、乳首舐め、全身リップ、そしてフェラチオとプレイは進み、さきほど手慣れていると書きましたが、流れ作業的な印象は、受けませんでした。きっと、こちらの表情、出方をみてプレイしているからでしょう。何だろう、私よりずっと若いのに、この余裕ぶりは。

マリアちゃんのフェラチオに射精感を高めた私は、「うっ」と短く唸ってしまいました。すると、彼女は、足を開いてシックスナインの体勢になり、どうぞと言わんばかりにワレメを顔に近づけてきます。しかも、フェラチオを止めて一呼吸おいてくるあたり、ますます只者ではないですな。射精をグッと抑えられた私は、クリトリスを舐め、ちょっとだけ指入れしたりして、彼女の身体を楽しみました。

すると、再び彼女のフェラが始まります。しかし、今度は、ジュパジュパと音が出るくらいの強烈なバキュームフェラ! しかも同時に蟻の門渡をグイグイと刺激されて、爆発寸前! 「マリアちゃん、ごめん、イク!」と言った瞬間、高速手コキで昇天です。

あれから2か月。彼女のことが忘れられないのですが、超人気嬢で、さっぱり予約がとれません。どうしたものかなー。